« 日報の記事、掲載延期のお知らせ | トップページ | 2007年3月3日、新潟日報掲載記事 »

野生ラベンダーの香り

プロバンス地方。

ピーター・メイル著「南仏プロバンスの12ヶ月」で一昔前かなりのブームでした。

行かれた方も多いかもしれませんね。

この辺りはラベンダーの産地。

7月の花の頃には、吹く風は甘く清潔なラベンダー香になるとか。

Lavandura vera

野生のラベンダーが手に入ったので、今日はジェルクリームをつくった。とても深い香り。

この香りは少し、混沌としているような印象があるのですが、何故か元気、勇気づけられる感じ。

摩訶不思議な香りに刺激され、記憶のトビラが開く、数年前の旅を想いだしました。

Provence そのラベンダーの故郷・奥プロバンスの玄関口、プロバンス地方の大都市エクサンプロバンス(Aix-en-Provence)。

私がこの街に出かけていったのは、21世紀になる前の10月の頃だったかしら。晩夏から秋へと変わる頃。でも、太陽の光は強烈。

ですので、旅はラベンダー目的ではなく・・・「リュベロン地方」をグルグルとドライブ。ここは、プロバンスでも最も素朴で純粋さに満ちた街なんだとか。

Lacoste 丘、小高い岩山ごとに登場する石ずくりの村々・・・私の中では映画「ショコラ」の村のイメージ。

見かけるのは村人の数より、猫だったりして。

そんな村めぐりをしている最中、少しにぎやかな村で可愛らしいお土産屋さん発見。人がいる!

村人とお話がしたく、ドアをくぐる。すると、精油の小瓶発見。手に取ると、品のいいマダムが「ラヴァンジンよ、この辺りの村々で採れたものだょ・・・・・」とか何とか、使い方まで教えてくださる。

この時の私、アロマの知識も少なく、「ラヴァンジン」という名前を初めて聞いたので、マダムに、

私:「ラベンダーですか」

マダム:「Non!ラヴァンジンですょ」というやりとりを数回重ね、

マダム:「香りをかいでみなさいっ!」とすすめられ、

私:「ラベンダーの様ですね」といいながら、購入。

今もあの時の、困惑した感情が香りともによみがえるのです。スッとするかおり。そう、あれは確かにラヴァンジン。1.8シネオールを感じる香り。

プロバンスには3種類のラベンダーがあるそう。

一つは真正ラベンダー(野生を含む)、そして、ラベンダー・スピカ、そして、ラヴァンジン(ラベンダー・スーパー等)。

緑したたるミラボー通りのカフェではジャズが流れ、オシャレなエクソワーズが優雅にお茶の時間を楽しんでいたっけ。

エクスはフランスで一番シックな街とも言われているそう。

今度訪ねるときは、旬のラベンダーの景色を見に行きたい。

公開中の映画「パフューム」の原作者、ドイツ人のパトリック・ジュースキント氏は、エクスで歴史を学んでいた時期もあったそう。

エクスで学生、うらやましぃ。憧れなんです。

|

« 日報の記事、掲載延期のお知らせ | トップページ | 2007年3月3日、新潟日報掲載記事 »

アロマ通信」カテゴリの記事

コメント

突然スミマセン。
映画「パフューム」に反応してしまいました。
実は今日、「パフューム」を見てきました。
その中で主人公が大量殺人を犯す舞台となった街を見て「まさか?」と思いネット検索をしていたところここへ舞い込みました。
おそらくあのラベンダー畑はプロバンス地方のbonnieuxという街ではないかと思います。かれこれ9年前、ここに宿泊しました。
まぁ、フランスの地方都市は皆似たような風景なので間違いかも知れませんが、とても似ていたのでお知らせしておこうかと・・・。
ラベンダーなら時期的には8~9月くらいがよろしいかと思います。
6月から7月のひまわりがお勧めです。

失礼しました。

投稿: One-jp | 2007年4月 2日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野生ラベンダーの香り:

« 日報の記事、掲載延期のお知らせ | トップページ | 2007年3月3日、新潟日報掲載記事 »